見出し画像

トランスジェンダーの競泳選手が「男性に戻ることを願っている」は誤り【ファクトチェック】

アメリカのトランスジェンダー競泳選手リア・トーマスさんが「目標を達成し、男性に戻ることを願っている」という言説が拡散しましたが、誤りです。本人の発言ではなく、風刺や冗談や皮肉を掲載するサイトの情報が元になっています。

検証対象

拡散しているのはアメリカのトランスジェンダー競泳選手リア・トーマスさんが、女性の競泳大会で活躍した後、「目標を達成したので男性に戻ること」を願っているという言説(例1例2)。

例えば、拡散されたツイートには、女性の競泳試合の表彰式らしき画像が添付され、以下の文言が記されている。

“2019年に男子から女子に転向して以来、数々の記録を打ち立ててきたトランスジェンダー競泳選手のリア・トーマス…すべての目標を達成した彼女はいま男性に戻ることを願っている。”

投稿は2023年5月29日時点で150万回以上表示され、6000RTを超えている。返信欄には「いい加減にせぇっ」、「これは、ドーピングと同じ扱いにすべきね。」などの反応があった。

Reutersはすでに検証記事を公開し、誤りであると判定している。また、今回の検証対象であるツイートの投稿者は、4月26日に自ら「自分の書いた内容がフェイクニュースだった可能性がある」とスポーツ記事を配信するインドのWebサイト・sportskeedaの検証記事を引用して追記している。日本でもファクトチェック団体のリトマスが誤りと判定した

検証過程

リア・トーマス選手のものとされる発言は元々、Patriot Party Pressというアメリカのジョークサイトの記事から発信されたもの。このサイトの会社概要ページには「network of parody, satire, and tomfoolery(パロディ、風刺、ジョークを扱うネットワーク)」であると記載されている。

また、ツイートに添付されている写真は2022年3月17日にトーマス選手がトランスジェンダーとして史上初のNCAA競泳チャンピオンになったときのもの。1位のトーマス選手と距離を開けて、2位のエマ・ワイアント選手、エリカ・サリバン選手、ブルック・フォード選手が記念写真を撮影している瞬間を捉えており、当時、トランスジェンダーのトーマス選手の優勝に抗議して、他の選手たちが別の表彰台を作ったという言説が拡散された。

しかし、サリバン選手、フォード選手は共にトーマス選手の競技への参加に賛成している。サリバン選手によると、一緒に写真を撮影した3人は東京オリンピックで一緒に戦った仲間で、公式の記念写真撮影後に別に撮ったものだとインスタグラムでコメントしている。

判定

リア・トーマス選手が「男性に戻ることを願っている」という言説はジョークサイトの記事をもとにしたもの。また、添付された写真は文脈を無視して拡散している。以上のことから、誤りと判定した。

あとがき

今回の写真は合成などではなく、実際に撮影されたものです。このように本物の写真でも、違う文脈で掲載することで誤情報/偽情報となることがありますので注意が必要です。

検証:堀口野明
編集:古田大輔


検証手法や判定基準などに関する解説は、JFCサイトのファクトチェック指針をご参照ください。

「ファクトチェックが役に立った」という方は、シェアやいいねなどで拡散にご協力ください。誤った情報よりも、それを検証した情報がより広がるには、みなさんの力が必要です!

noteTwitterFacebookなどのフォローもよろしくお願いします。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
日本ファクトチェックセンター(JFC)

JFCの活動を応援したいと思ってくれた方は是非サポートをお願いします! いただいたサポートはファクトチェック記事作成の活動費に使わせていただきます!