新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

JFC編集チーム

日本ファクトチェックセンター(JFC)は、経験を積んだプロのジャーナリストやエディターらの監修のうえで、学生を中心にファクトチェック対象の選定や検証を実施しています。

学生のファクトチェックへの参画は、ソーシャルメディアやメッセージアプリなどで不確かな情報が拡散する現状において、若い世代への影響を考えても不可欠です。IFCN認証を取っている香港大ジャーナリズム・メディア研究センターのAnnie Labなど、国内外でも多数の事例があります。

以下がJFC編集部のメンバーです。インターネットやOSINTに強いエディター、ファクトチェックに関心がある学生など、今後も拡充していく予定ですので、ご興味ある方はこちらからどうぞ!

編集長

古田 大輔

エディター

藤森 かもめ

野上 英文

ファクトチェッカー

金子 祥子

早稲田大政経学部4年。米大統領選や新型コロナウイルスに関するデマをきっかけに、ファクトチェックに関心を持った。ドキュメンタリー映画鑑賞が好き。卒業後は報道機関に就職予定。

杉江 隼

早稲田大政経学部4年。日常的に流れるSNS情報の根拠が不明確な現状から、ファクトチェックに関心を持った。現在FIJでモデレーターも務める。卒業後は報道機関に就職予定。

本橋 瑞紀

早稲田大政経学部3年。米ワシントン・ポスト「1万回虚偽や誤解を与える主張をしたトランプ大統領」の報道をきっかけにファクトチェックに興味を持った。特に画像から場所や時間を特定するジオロケーションに関心がある。

落合 俊

早稲田大政経学部3年。友人の留学生がネットで差別や偏見に基づくコメントをされたことをきっかけに、事実を確認するファクトチェックに興味を持った。趣味は、スポーツ選手の写真を撮ること。

リサーチチーム

JFCの設置母体となっている一般社団法人セーファーインターネット協会(SIA)は、ネットの悪用や誹謗中傷対策に取り組んできた団体で、ネット上で拡散する様々な情報に精通したスタッフがいます。JFCがファクトチェックをしていく上で、SIAスタッフもリサーチチームとして協力しています。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
日本ファクトチェックセンター(JFC)

JFCの活動を応援したいと思ってくれた方は是非サポートをお願いします! いただいたサポートはファクトチェック記事作成の活動費に使わせていただきます!