新型コロナウイルスやワクチンに関する内容の可能性がある記事です。
公衆衛生に関する情報は、厚生労働省など公的機関の情報もご確認ください。
見出し画像

ファクトチェック:「大阪だけで毎日1-2万人の接種後異常の問合せが殺到」は誤り

Twitter上にて「大阪だけで毎日1-2万人の接種後異常の問合せが殺到」というツイートが拡散していますが、この投稿は誤りです。大阪市は「オペレーターは最大250名で、1日最大4400件程度の対応」、大阪府新型コロナワクチン専門相談窓口は「1日に1万件ということではない」と回答しています。

検証対象

11月16日に投稿された以下のツイートは 2万件以上のいいねと1万件のリツイートを獲得した。

▪︎大阪だけで毎日1-2万人の接種後異常の問合せが殺到(800人体制のコールセンターで1人20-30人/日対応するもパンク)
▪︎その殆どがオミ💉(特に+インフル💉)接種者!

同じツリー内で以下のような投稿もしている。

情報は大阪市のワクチンコールセンター従業員から直接聞いたもの。
彼が怒るのは、相談者の話や苦情にはただ「はい」を繰り返し聞き流せとの指示が出ており、行政には助ける気などさらさら無い事だ。

リプライでは「いつも情報ありがとうございます」や「1回も摂取してない人から言わせてもらうと『でしょうね。』て感想だと思う」などの反応がある一方で、「大阪だけパンクしているなんて非常に疑問です」などと投稿を疑うものもある。

検証過程

日本ファクトチェックセンター(JFC)が大阪市保健所感染症対策課に問い合わせたところ、「令和4年11月の大阪市新型コロナワクチンコールセンターのオペレーターは最大250名で1日最大4400件程度の対応をしております」との回答が得られた。言説であるような「1日に1-2万人」ではない。

また、同センターは「大阪市集団接種会場の案内・予約や接種券の再発行等に係る対応」をしており、「接種後の副反応に係る医学的見地が必要となる専門的な相談受付については、大阪府が設置する『大阪府新型コロナウイルスワクチンに関する専門相談窓口』にて対応している」とのことだった。

大阪府コロナワクチンポータルサイト - 専門相談窓口における副反応疑いの相談についてでは、副反応関連の相談件数実績を掲載している。

2022年4〜9月の累計は、副反応関連の相談数が9265件、そのうち接種後の副反応を疑う症状に関する相談数は8400件で、「副反応に限らず、専門相談窓口におけるすべての相談件数の総数は28581件でした」と明記している。

副反応関連の相談件数を月毎に見ると、4〜9月で最も多いのは4月で2224件、うち接種後の副反応を疑う症状に関する相談数は2043件だった。

大阪府新型コロナワクチン専門相談窓口へ問い合わせ、この統計に反映されていない10月、11月について尋ねると「急増した印象はない」とのことで、「1日に1万件ということではない」との回答が得られた。

判定

「大阪市」で考えた場合の問い合わせ件数は1日最大4400件程度で、大阪府の問い合わせ件数を加えたとしても、「毎日1-2万人の接種後異常の問い合わせが殺到」という事態には至っておらず、誤り。

あとがき

BuzzFeed Japanもこの件をファクトチェックし、21日に記事を配信しています。JFCも別途、独自に大阪府や大阪市に問い合わせをしていました。

検証:本橋瑞紀
編集:古田大輔


JFCのファクトチェック判定基準などの指針はこちらをご参照ください。

「ファクトチェックが役に立った」という方は、シェアやいいねなどで拡散にご協力ください。誤った情報よりも、それを検証した情報がより広がるには、みなさんの力が必要です!

noteTwitterFacebookなどのフォローもよろしくお願いします。今後はYouTubeなど、動画発信にも取り組んでいく予定です。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
日本ファクトチェックセンター(JFC)

JFCの活動を応援したいと思ってくれた方は是非サポートをお願いします! いただいたサポートはファクトチェック記事作成の活動費に使わせていただきます!