新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ファクトチェック:「モデルナ社CEOが逮捕された」は誤り

モデルナ社ステファン・バンセル最高経営責任者(CEO)が逮捕されたという情報が拡散していますが、これは誤りです。添付されている画像は本物のニュースではなく、モデルナ・ジャパン社は取材に「完全なフェイクニュース」と回答しています。

検証対象

「モデルナCEO逮捕のニュースです いよいよ始まりましたね 殺人罪で逮捕」というツイートが拡散している。

2022年11月16日時点で5300件以上のいいねがつき、「来ましたね!」「モデルナワクチンもかなり被害者が多いですからね」といったコメントがある一方、「事実確認できません」「残念ながらパロディニュースのサイトです」といった指摘も見られる。

検証過程

ツイートに掲載されている記事の画像は「REAL RAW NEWS」というウェブサイトから引用されている。

記事では、バンセルCEOが米疾病対策センター(CDC)のロシェル・ワレンスキー所長とワシントンDCでの会食を予定していたが、ワレンスキー氏は現れず、レストランから出たところを米軍特殊部隊が逮捕した、としている。「バンセル氏は新型コロナとインフルエンザの予防接種を1つにすることで得られる利益について、ワレンスキー氏と話し合う予定だった」と書かれている。

だが、このウェブサイトはニュースサイトではない。「About Us(私達について)」の項目には免責事項として次のように書かれている。「このウェブサイトは情報提供、教育、娯楽を目的としています。ユーモア、パロディ、風刺が含まれています」

最近は、米中間選挙に関連して「コロラド州では不法移民が民主党に投票」「米軍、選挙違反の証拠を発見」といった真偽不明の記事を配信している。

「モデルナ社CEO逮捕」について、日本ファクトチェックセンター(JFC)がモデルナ・ジャパン社に問い合わせると、「完全なフェイクニュースです」と回答を得た。逮捕が事実であれば、世界的なニュースになる内容だが、主要な報道機関で逮捕を報じているものはない。

判定

「モデルナ社ステファン・バンセルCEOが逮捕」は誤り

あとがき

海外には事実無根の作り話をニュースのように報じる、いわゆる「フェイクニュースサイト」が多数存在します。また、日本で人気の虚構新聞のように、娯楽として冗談や皮肉を掲載するパロディサイト・風刺サイトも存在します。見た目が立派で、一見、しっかりした報道機関に見えるサイトも多いので注意が必要です。

検証:落合俊
監修:野上英文、古田大輔


JFCのファクトチェック判定基準などの指針はこちらをご参照ください。

「ファクトチェックが役に立った」という方は、シェアやいいねなどで拡散にご協力ください。誤った情報よりも、それを検証した情報がより広がるには、みなさんの力が必要です!

noteTwitterFacebookなどのフォローもよろしくお願いします。今後はYouTubeなど、動画発信にも取り組んでいく予定です。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
日本ファクトチェックセンター(JFC)

JFCの活動を応援したいと思ってくれた方は是非サポートをお願いします! いただいたサポートはファクトチェック記事作成の活動費に使わせていただきます!