見出し画像

ファクトチェック:米上院選「人口 700 人未満の町で民主候補が1100 票を獲得」は誤り

2022年11月に実施されたアメリカ上院議員選挙で、「人口700人未満の町で民主党候補が1100票を獲得した」という不正を疑わせるようなツイートが拡散しました。しかし、これはデータの記載ミスが原因で、実際には人口を超えるような票の獲得はありませんでした。

検証対象

2022年11月14日、元北海道議会議員の小野寺まさる氏がTwitterで「[アップデート2]人口 700 人未満のニューハンプシャーの町でどのようにしてマギー・ハッサンが1100 票を獲得したのか?」という記事を引用し、「これが本当ならば、アメリカでは選挙自体が茶番である」と投稿した。

引用元の本文を確認すると、正確には1100票ではなく1106票獲得したとあった。

小野寺氏のツイートは1000RTをこえ、「得票率100%超え、有り得んわ」「やりすぎてバレるいつものヤツ」といったリプライがある。

「人口 700 人未満のニューハンプシャーの町でマギー・ハッサンが1100 票を獲得」したのか検証する。

検証過程

ニューハンプシャー州は2022年の上院の選挙結果を公開している。これによると、問題となった同州コーアス郡コロンビア(Columbia, Coos gov)におけるハッサン氏の得票数は、検証対象で指摘があった1106票ではなく、106票となっている。

選挙直後の公開データではハッサン氏の得票数が1106票となり、人口以上の得票があるという指摘が拡散した。これに対してアメリカのファクトチェック機関PolitiFactが11月14日に公開した記事で、「州政府が1106票というデータは単純なタイプミスによる間違いだったことを認め、修正した」と報道。また、コロンビアでの票数が変わっても、ハッサン氏が再選したという選挙の結果に影響はないとも指摘している。

小野寺氏がツイートで引用した地元ネットメディアGraniteGrokの記事は2022年11月14日以降に更新されて[アップデート3]となり、コロンビアの投票総数に関して、タイプミスによる間違いの修正に関するプレスリリースを掲載していた。

判定

マギー・ハッサン氏がコロンビアで1106票を獲得したというのは、選挙運営側のタイプミスによる間違いで、正しくは106票。よって、「人口 700 人未満のニューハンプシャーの町でマギー・ハッサンが1100 票を獲得」は誤り。

あとがき

公的機関の発表でも、間違えていることはあります。その後に修正されていることに気づかずに誤った情報が拡散し続けることもあるので、最新の情報を確認する必要があります。

検証:杉江隼
編集:古田大輔


JFCのファクトチェック判定基準などの指針はこちらをご参照ください。

「ファクトチェックが役に立った」という方は、シェアやいいねなどで拡散にご協力ください。誤った情報よりも、それを検証した情報がより広がるには、みなさんの力が必要です!

noteTwitterFacebookなどのフォローもよろしくお願いします。今後はYouTubeなど、動画発信にも取り組んでいく予定です。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
日本ファクトチェックセンター(JFC)

JFCの活動を応援したいと思ってくれた方は是非サポートをお願いします! いただいたサポートはファクトチェック記事作成の活動費に使わせていただきます!