新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ファクトチェック:「ヨーロッパでは新型コロナワクチンで死亡しても生命保険は出ない」という投稿は誤り

「ヨーロッパでは、新型コロナのワクチン接種で死亡しても生命保険は出ない」というツイートが拡散していますが、この投稿は誤りです。欧州保険協会が取材に「事実ではない」と回答し、多くの海外メディアもファクトチェック記事で否定しています。

検証対象

2022年11月3日、「ヨーロッパでは新型コロナのワクチン接種はボランティア扱いとなり、死亡しても生命保険はおりず、大きな社会問題になっている」という内容のツイートが投稿され、拡散した。

このツイートは1000RTを超え、「知ってました。だから打ちません。」「保険会社もグルだったのか…」といったリプライがある一方、「僕は保険屋の中の人として『全くデマです』と責任持って宣言する」「そのような事実はない(デマである)という発表が保険会社から出ていましたよね」といったコメントもある。

検証過程

日本ファクトチェックセンター(JFC)が、欧州の保険会社を代表する欧州保険協会(Insurance Europe)に問い合わせたところ、以下のような回答があった。

「『欧州ではCOVID19ワクチン摂取による死亡が生命保険でカバーされない』というのは事実ではありません。このため、大きな社会問題にもなっていません」「ワクチンを打った何百万人ものケースでごく稀に重篤な副作用がありますが、そのような場合でも死亡を補償しない生命保険があるとは聞いていません」

また、欧州保険協会に加盟する英国保険会社協会(Association of British Insurers)もTwitter上で「COVID19ワクチンを接種すると、生命保険に影響があるとの主張があります。これは誤りです。COVID19の予防接種を受けたとしても、生命保険、民間医療保険、その他の保険のカバーに影響を与えることはありません」との声明を出している。

「新型コロナワクチンの接種によって死亡しても生命保険は出ない」という言説は欧州に限らず、世界中で拡散している。アメリカのSnopesPolitiFact、イギリスのReuters、フランスのLibération、オーストラリアのAAP、アフリカのAfricaCheckなど、多くの海外メディアも、各国の生命保険の適用の有無に関連したファクトチェック記事を配信している。いずれの記事も、生命保険の適用外にはならず、誤った情報だと報じている。

判定

欧州保険協会によると、新型コロナのワクチン接種者に生命保険が適用されないという事実はなく、社会問題化もしていない。よって、「ヨーロッパでは、新型コロナのワクチンで死亡しても生命保険は出ない」というのは誤り。

あとがき

日本においては、生命保険協会がTwitter上でワクチン接種の有無に関わらず、死亡保険金や入院給付金を支払っていますという声明を出しています。

検証:杉江隼
監修:野上英文


JFCのファクトチェック判定基準などの指針はこちらをご参照ください。

「ファクトチェックが役に立った」という方は、シェアやいいねなどで拡散にご協力ください。誤った情報よりも、それを検証した情報がより広がるには、みなさんの力が必要です!

noteTwitterFacebookなどのフォローもよろしくお願いします。今後はYouTubeなど、動画発信にも取り組んでいく予定です。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
日本ファクトチェックセンター(JFC)

JFCの活動を応援したいと思ってくれた方は是非サポートをお願いします! いただいたサポートはファクトチェック記事作成の活動費に使わせていただきます!